ラジオ波の安全性とあざ

日本には、ラジオ波エステサロンが数多くあり、痩身や美顔のコースを受けている女性が少なくありません。
昔は、施術に使う機器や未熟なエステティシャンのせいで、施術後にあざができたなど、様々なトラブルが問題なったこともあります。
しかし、現在は、導入される美容機器のレベルが上がり、エステティシャンの教育を徹底して行っているサロンが増えたこともあり、昔に比べるとトラブルの数も減っています。
痩身は、女性の間で人気が高い施術メニューのひとつです。
最近は、痩身コースも細分化されて、様々な種類の痩身メニューがあります。
体への負担が少なくて痩身効果が高いとして話題となっているのが、ラジオ波です。
ラジオ波は、電磁波の一種で周波数が高いのが特徴です。
エステ分野では、高周波と呼ばずにラジオ波と呼ばれることが多いです。
波長が長く、体の奥から温めることができます。
体にラジオ波を照射すると、深部から温まり、脂肪に作用します。
熱によって脂肪が燃焼することで、痩身効果が高まります。
肌の表面だけを温めるのではなく、深い部分から温めて体温を上げていくので、血行も良くなります。
日本女性は、血液の流れが悪く、手足が冷えている人がとても多いのです。
冷えは、健康にも美容にも悪影響を及ぼします。
ラジオ波によって、体の内側から体温が上がることは、冷えの解消にも役立ちます。
血行が良くなれば、新陳代謝も活発になり、肌の再生がスムーズに行われるため、美肌効果も期待できるのです。